TOP > スモーキン・エース
 ← 3年A組 ハクタク先生!! | TOP | スクライド

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


スモーキン・エース 

2007年05月18日 ()
20070518065957.jpg


『スモーキン・エース ~暗殺者がいっぱい~』観てきました。

予告編見た翌日ってことでワレながらこういう時の決断は早いな…と。

大体のストーリーは高級ホテルの最上階にいる100万ドルの賞金首を狙って
何組もの暗殺者(&FBI)が一堂に集い始めてバトルロワイアルを繰り広げる…という、
まっこと製作側の見せたいものがわかりやすい流れです。


こっからネタバレしまくるので、観たいな、と思ってる方は薄目で。



感想は、期待通りかな、と。

トレイラーの時点でそこはかとなくタランティーノ臭を感じて、
それを期待して行ったのでそこんとこは満足!
出て来るのはFBI・三人兄弟の殺し屋・二人組の女暗殺者・傭兵・運び屋・
ソロの暗殺者・賞金首の用心棒…と、イロモノ揃いで。

特に女性二人組のアタッカー&超遠距離スナイパーのタッグと傭兵がカッコよかったです。

出だしの人物紹介がBGMにのってテンポよく、また次第に役者がホテルに
集まりつつあるシーンの緊迫感も最高でした。
個人的に一番熱い闘いはバトロワのゴングにもなった最初の銃撃戦。
エレベーターで乗り合わせたFBI捜査官と、ボーイに成りすました傭兵が
次第に互いの素性に気付き始め撃ち合う…いやー、熱いです。


何とも評価し辛いのが脚本にあるどんでん返し。
ただのバカバトル映画で終わらせたくなかったのか、この映画には
暴かれるべき真相が用意されてます。

そこで、
謎解決に時間を割かないといけない+その真相を解明する主人公を別に設定しなければならない…
という課題が出てきまして、その際主人公になったのはあるFBI捜査官
なんですが、他の暗殺者達に比べて明らかにキャラが薄い。
でもってやっぱり戦闘にもスポットを当てたいってことでどうも
掘り下げが浅くて、主人公サイドに感情移入出来ない…。

どんでん返しがあったほうが確かに深みは出ると思うんですが、
この映画の場合そんなの抜きにしてもうちょっとハジけてもよかったんじゃ
ないかな…と思いました。


でもやっぱり期待していた通りのカッコよさがあったんで満足です!

スパイダーマンみたいに人物の行動とか言動が支離滅裂してるワケ
じゃないですから…いや本当スパイダーマンは無いわ…「君を許そう」とか
意味わかんないっす。逃がしてどうする。



「From Dusk Till Dawn」「デスペラード」「ル・ブレ」あたりが好きな方に特にオススメです。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.18(Fri) 07:27] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 3年A組 ハクタク先生!! | TOP | スクライド

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://onidocoro.blog14.fc2.com/tb.php/13-527fa8af
 ← 3年A組 ハクタク先生!! | TOP | スクライド

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。